まん延防止重点措置への対応

2021

4月

26

患者様へ

いつもあいのわ鍼灸治療院をご愛顧いただき、心より感謝とお礼を申し上げます。

4月28日より、当院がある鎌倉市においても「まん延防止重点措置」が適用されます。

医療機関である当院は、安全に配慮しつつ通常診療させていただきます。
※鍼灸院は、自粛対象外の業種です。

2020年春に「緊急事態宣言」が出された時より鍼灸院での施術に関しては「社会生活を維持するうえで必要」との判断を社会的にも受けております。より、今回も現時点ではそのようにさせていただきます。

鍼灸施術は「健康増進、病気予防」でもあります。
現状においても、日々の健康管理のため、多種多様の痛みや症状があるため、日常の生活活動を快く出来ていない患者様にお越しいただいております。

痛みやストレスは、免疫力の低下にも繋がりますからね。

鍼灸院だからこそ出来ることを、粛々とやらせていただきます。

引き続き、患者様へは以下のことをお願い申し上げます。

【患者様へのお願い事】
・発熱、乾いた咳、強い倦怠感など風邪症状の方は予約をご遠慮ください
・味覚・嗅覚障害の症状がある方は予約をご遠慮ください
・上記症状をお持ちの方が濃厚接触環境にいる方は予約をご遠慮ください
・ご来院時には検温をお願いします
・来院時、院内ではマスクの着用をお願いします
・原則、診療時は患者様のみで付き添いの方はご遠慮ください(致し方のない場合は事前にお伝えください)
〇タオル、治療着はご用意いたしますが、ご心配な方は、タオルをご持参ください

【当院でのコロナウィルス対策の実践】
・各ベッド、待合スペースに消毒液を設置
・ドアノブなど患者様が手で触れる場所の消毒
・施術ベッドの顔、手が当たる部分は入れ替え毎に消毒
・診療時間中は常時換気
・施術者のマスク着用
・施術者は一行為一消毒
・毎朝、施術者の体温測定、体調確認
・施術者は、毎日感染予防の為の漢方薬を服用
・開院閉院時間はその日の予約状況に応じての変動型とさせていただきます。ご了承ください
〇常時換気をしている為、暖房、電気毛布を使用しておりますが、院内の室温が上昇しにくい状況です。ご了承ください

多くのお願いをしており大変恐縮でございますが、経験のない異常事態です。ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。私自身も最善の注意を払いながら、毎日の診療と生活をしてまいります。

未だ変わらぬ状況に多くの方がストレス、疲れを感じているのでないでしょうか。私もその一人です。
しかし、医療人であり、東洋医学に身を置く者として、東洋医学が持つ力、予防の力をご縁いただく患者様へ提供したいと思っております。
また、患者様の不安を少しでも解消、軽減させてあげることは私のお役目とも思っております。

この状況が一日でも早く落ち着くことを心から願っております。

あいのわ鍼灸治療院
院長 矢野 恭一郎