Author Archive

2021

1月

07

緊急事態宣言後の診療について

患者様へ

いつもあいのわ鍼灸治療院をご愛顧いただき、心より感謝とお礼を申し上げます。

再び緊急事態宣言が発令されました。
患者様のなかには前回同様に「休診するのでないか?」とご心配の方も多くいらしゃると思いますので、お知らせさせていただきます。

医療機関である当院は、安全に配慮しつつ通常診療させていただきます。前回の緊急事態宣言が出ていた頃より鍼灸院での施術に関しては「社会生活を維持するうえで必要」との判断を社会的にも受けております。より、今回も現時点ではそのようにさせていただきます。

引き続き、患者様へは以下のことをお願い申し上げます。

【患者様へのお願い事】
・発熱、乾いた咳、強い倦怠感など風邪症状の方は予約をご遠慮ください
・味覚・嗅覚障害の症状がある方は予約をご遠慮ください
・上記症状をお持ちの方が濃厚接触環境にいる方は予約をご遠慮ください
・ご来院時には検温をお願いします
・来院時、院内ではマスクの着用をお願いします
・原則、診療時は患者様のみで付き添いの方はご遠慮ください(致し方のない場合は事前にお伝えください)
〇タオル、治療着はご用意いたしますが、ご心配な方は、タオルをご持参ください

【当院でのコロナウィルス対策の実践】
・各ベッド、待合スペースに消毒液を設置
・ドアノブなど患者様が手で触れる場所の消毒
・施術ベッドの顔、手が当たる部分は入れ替え毎に消毒
・診療時間中は常時換気
・施術者のマスク着用
・施術者は一行為一消毒
・毎朝、施術者の体温測定、体調確認
・施術者は、毎日感染予防の為の漢方薬を服用
・開院閉院時間はその日の予約状況に応じての変動型とさせていただきます。ご了承ください
〇常時換気をしている為、暖房、電気毛布を使用しておりますが、院内の室温が上昇しにくい状況です。ご了承ください

多くのお願いをしており大変恐縮でございますが、経験のない異常事態です。ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。私自身も最善の注意を払いながら、毎日の診療と生活をしてまいります。

一年以上となるこの状況、そして再びの緊急事態宣言。変わらぬ状況に多くの方がストレス、疲れを感じているのでないでしょうか。私もその一人です。
しかし、医療人であり、東洋医学に身を置く者として、東洋医学が持つ力、予防の力をご縁いただく患者様へ提供したいと思っております。
また、患者様の不安を少しでも解消、軽減させてあげることは私のお役目とも思っております。

この状況が一日でも早く落ち着くことを心から願っております。

以下に日本鍼灸師会の声明と東京都防災ホームページに記載されたものを画像で添付させていただきます。

【日本鍼灸師会の声明】

【東京都防災ホームページ】

東京都の自粛要請と鍼灸院


2020

12月

30

良いお年をお迎えください。

あいのわ鍼灸治療院は、12月28日の診療をもって、2020年(令和2年)の診療を終えさせていただきました。
こうして一年の仕事、役目を納めさせていただけることに患者様とのご縁、繫がること全てへ感謝の思いです。
心より感謝とお礼を申し上げます。お陰様でございます。

今年は「ご縁」というものにより一層の感謝の思いがあります。

異例の年、人との距離をとらなくてはならない年。
それが一番辛かった...

患者様の中には痛みや辛さがあり治療を受けたいのだけど「無症状でも、もし自分が感染していたら…」とご来院を未だ自粛してくださっている方も未だにいらっしゃいます。
言葉が適切かは分かりませんが、そのお気持ちに心よりの感謝を申し上げます。
また、お越しいただいている患者様方からは「ここに来ることが心の支え」「安心します」「受け入れてくださってありがとうございます」「来てよかった」などとお伝えいただき、この一年は涙する思いでした。

今年はコロナ一色。気を取られ、気づかないところでも疲労感はある。より、この冬は無理せずに休むことを選択してみてください。
陽気の力が弱まる陰の時季の冬は、本来活動を増す時期ではなく、力を溜めていく時期です。人間も動物と考えてしまえば、冬眠の時期ですから。

【東洋医学における冬の養生ポイント】
〇「黒いもの」を摂る:黒豆、黒胡麻、黒木耳、海苔、ひじきなど。これらは、根本の潤い、元気、生命力を補う効果があり、また水分の代謝にも効果を持ちます。また、冬は体内の余分な水分を汗として排出しにくいので、水分や体内で余分な水分になりやすい甘いものの摂り過ぎに注意してください。

〇冷やさない:特に下半身を冷やさないようにしてください。下肢の冷えは胃腸や泌尿器、生殖器の冷えに繋がります。特に女性は注意してくださいね。東洋医学では「足首の冷えは子宮の冷え」と言うのですよ。腹巻やレッグウォーマーを活用しましょう!

 

多くの方がこのコロナによって沢山を考えさせられているのではないでしょうか。

私自身も「本当に大切なもの、ことは何なのか」などを改めて考えさせられました。

今まで世界は効率を重視し、時間やスピードを如何に短縮するかと進んできたと思います。利便性ばかりを追い求め、自然環境さえも自分たちの良いようにしてきました。その結果に自然環境はバランスを崩し、自然の異常現象が多発しています。今回のコロナももしかするとその産物かもしれません。中医学の世界でも言われておりますが「疫病流行るとき、必ず湿(湿気)がある」
自然環境のアンバランスは人間に及びます。当たり前ですよね。地球に住んでいるのですから。
自然環境の悪化が進めば、健康被害も増していくでしょう。あいのわを選び、お越しいただいている患者様皆様なら、きっと同じことを感じていらっしゃると思います。

それならば、今後を健康で生きていくのにはどうしていけばよいのか。合わせていくのでなく、対応できる力を養い、備えておく。大きな視野を持ちながらも本質を見ること。対症療法ではなく、原因、本質に目を向け、手を当てること。

健康の第一条件は「自身を知ること」です。自身の気質、体質、癖を認め、把握し、どのような日常をおくるのかが重要なことです。東洋医学、中医学は、元よりにそこを診る医学です。より、私自身、今後は「東洋医学の時代」と思っております。

私の与えられる治療がコロナを治せるわけではないですが、予防や波及から生まれた症状、その他症状は治せます。今はただただご縁いただいた患者様にとにかく尽力いたします。

また皆様と笑顔でお会いできることを楽しみにしております(*^-^*)

改めまして、一年のご愛顧をありがとうございました。心より感謝とお礼を申し上げます。

どうぞ、良いお年をお迎えください。

あいのわ鍼灸治療院
院長 矢野 恭一郎


2020

12月

10

ご挨拶

本日は、講師を務めさせていただく、日本工学院八王子専門学校鍼灸科の講義がお休みでしたので、二階堂にある覚園寺さまへ散歩に出かけてきました。

今年、鎌倉は塩害が少なく、紅葉が各所でとても綺麗なのです。

その名所のひとつ、覚園寺。とっても素晴らしかったです。

 

こちらのご本尊は“薬師如来”いわゆる医療の仏様。より、私にとってはとても大切な仏様。

ご加護を頂戴しておりますので、今年一年のお礼と新しい年も患者様へ良い施術が与えられるようにとお願いをしてまいりました。

また、今年はこんな状況下。一日でも早く、世界中が安心して過ごすことが出来るようにとも祈願してまいりました。

何度か訪れている覚園寺、こちらの空気感はなかなか他にはないものです。


2020

11月

30

朝の冷たさに

先日から寝違えの症状でお越しいただく患者様が連日続いております。

寝違えは、今の時季に多いのです。それは、朝方の気温の低さが影響すると東洋医学、中国医学的には考えられます。

より、治療においては鍼にお灸を合わせて行います。

また、気温など外的要因を受けやすい状態というのは、気虚(気の不足)があると考えられます。
日頃からの身体的疲労、精神的疲労などから気の不足があり、抵抗力が落ちていた状態です。

寝違えの症状は、一度の治療で治ることが多いですが、痛みが取れた後にはゆっくりと休養、休息をとるようにしてください。

この寝違えの考え方は、この時期のぎっくり腰の考え方にも繋がります。

どのような痛みもそうですが、痛みだけでなく、痛みを負った以前の心身の状態も考えてみてください。


2020

11月

30

年末年始、冬季休診のお知らせ

患者様へ

いつもあいのわ鍼灸治療院をご愛顧いただき、心より感謝とお礼を申し上げます。

下記の日程を年末年始、冬季休診とさせていただきます。患者様方にはご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

《年末年始、冬季休診期間》
12月29日~2021年1月4日

《年内最終診療日》
12月28日15時までの診療(最終受付14時)

《新年診療開始日》
2021年1月5日(通常診療)

例年、年末はご予約が混み合いますので、お早めのご予約をおすすめ致します。

今年は新型コロナウィルスに気を取られ、あっという間の一年であったように感じます。新年早々には状況が落ち着いていることを願いつつ、残りの一ヶ月は心身の状態を整えて、新年を迎える準備としたいと私自身も思います。