Author Archive

2022

11月

13

内と外

11月も中盤となり、今年も残りわずか。お歳暮や年賀状の宣伝を目にするようになった。

振り返ると、今年は天候不順が続いていたように思う。それにより、長らく続いているものだけでなく、様々なウィルスの存在が活発のように思う。
特に、空気の乾燥が入ってきた今では、上気道感染(鼻腔・咽頭・喉頭)が多いように感じている。

今はまだ、ひとつウィルスに感染し、発熱すると、そうでないものであっても、検査、自粛など気を遣うものが並び、面倒であり、疲れる…

勝手な想像だが、今後は、気候変動の影響から、次々にと、ウィルスが発生するのでないだろうか。

それを考えると、ひとつひとつに合わせていく、対症療法だけでは、間に合わないというか、力不足のように感じる。

東洋医学、中医学に目を向けてみる。

ウィルスは、外邪と表す。外邪を受けないようにするためには、気(衛気)が必要となる。

気のもとは、脾胃(胃腸)で生まれる。脾胃で作られたそれを、他の臓腑との協調関係から、全身へと散布また貯蔵される。

よく言われる「胃腸を大切に」「腸活」は、その意味へと繋がる。

気を補う経穴(けいけつ)・ツボの代表は

【中脘・足三里・気海・関元】である。

また、気を補う食材の代表は

【玄米・さつまいも・山芋・大豆・なつめ・南瓜・舞茸・アボガド・葡萄・桃・鰻・鮭・タコ・まぐろ・肉類・卵】などである。

日常生活においては、温飲温食、腹八分目を基本とし、油もの、糖質や塩分などの味が濃いもの控える、また、人が最も胃腸を傷める原因と言っても過言でない、ストレスケアを心掛けることが必要である。

ストレスケアは、とても難しいことであるが、簡単に言うと「過ぎないこと」「圧迫を避ける」ということだ思う。

外から受けるものは、目に見えずとも、多種多様で、いつでもどんな時でも、そこにある。
それを受けない、または柔軟に受ける、受け流すことが出来る内(自身)を作り、整えておくことが重要である。

足三里:膝の下、外側のくぼみから指4本分下、すねの骨の際


2022

11月

07

赤ちゃんの声

先日より、産婦人科で重症と診断された、悪阻の症状で、妊娠6~7週目の患者様にお越しいただいております。

えずきが多く、食事、睡眠ともに満足にとれていない状態で、1週間ほどは寝たきりだったそうです。

大袈裟でなく、姿勢を崩しながら、やっとの思いで、お越しいただきました。

また、悪心があるが吐けない、胃に空気が溜まっているように感じるがゲップが出せない、頚肩のコリ、毎日食べられるものが変わる、イライラなど精神的に不安定などの症状も伴っておりました。

中医学的に診断し、この患者様に合った処方させていただきました。

術中からゲップが出せるようになり、術後は、胃部の空気の溜まり感も無くなり、悪心も落ち着くようでありました。

「妊娠がこんなにも大変なものだと思ってもいませんでした」とお話しいただいたのを発端に、こちらの経験談も含め、沢山の話をさせていただきました。

暫くの精神的圧迫感が緩和され、涙と笑顔を見せてくださいました。

よく、悪阻というのは「赤ちゃんの初めての声」「元気な証拠」と言われますが、お母さんは辛いですよね。

辛い症状を落ち着けるお手伝いと、命という、素晴らしいものを育てていくことのお手伝いもさせていただければと思っております。


2022

11月

02

心も潤う(*^_^*)

空気の乾燥を伴い、寒くなってきましたよね。

東洋医学・中医学では、燥邪と呼び、呼吸器(気管支を含む)や肌がそれにより、潤いを奪われ、傷むとされています。

実際、この時季に、咳、鼻かぜ、喘息の症状が出やすいですよね。

薬膳的には、呼吸器の乾燥に、以下の食材がオススメです!
「潤肺」
・山芋・ハチミツ・アーモンド・銀杏・クレソン・百合根・蓮根・柿・バナナ・みかん

また、寒くなれば、鍋をしたいですよね!

鍋によく入れる、白菜、椎茸、長ネギ、タラ、鮭、牡蠣、鶏肉には、健脾(胃腸を健やかにする)、補気補血などの効能があります。
また、豆腐には、生津、潤燥、呼吸器を中心に乾きを潤す効能があります。

胃腸機能を整え、元気や血液を補い、心身を栄養することが出来ますね。

美味しくいただき、健康に過ごしたいですよね(*^-^*)


2022

11月

01

診療費改定のお知らせ

患者様へ

いつもあいのわ鍼灸治療院をご愛顧いただき、心より感謝と御礼を申し上げます。

医療用品の価格上昇など、運営に必要となる、各種経費の高騰の為、

2023年1月より、診療費を以下のように改定させていただきます。

患者様にご負担をお掛けすることは、大変心苦しいことでございますが、

運営のための、やむを得ない改定となります。

何卒、ご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

【診療費】
〇鍼灸総合治療:6000円 → 7000
〇鍼灸局所治療:3600円 → 4000
〇マッサージ治療:1200円/10分 → 2000円/10分
〇オプション美容鍼:2000円 → 3000

あいのわ鍼灸治療院
院長 矢野 恭一郎


2022

10月

31

臨時休診、祝祭日特別診療日のお知らせ(11月18・19日、23日)

患者様へ

いつもあいのわ鍼灸治療院をご愛顧いただき、心より感謝と御礼を申し上げます。

少しずつ空気が乾燥してきましたね。呼吸器の乾燥、肌の乾燥に気を付けたいですね。

臨時休診、祝祭日特別診療日を以下にお知らせさせていただきます。

11月18(金)、19日(土):都合により、臨時休診
11月23(水・祝):通常診療

臨時休診につきましては、患者様にご不便をお掛けいたしますが、何卒、ご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

あいのわ鍼灸治療院
院長 矢野 恭一郎