Author Archive

2021

4月

04

らくがき

休日の午前中に子供を遊ばせるために公園へ出かけた。

随分と使われていないことが想像できる、古びた遊具に

「バカ」

と落書きがあった。

少し懐かしかった。

子供の頃から、学校の下駄箱や駅のトイレで見つけた落書きは、大概その言葉が書かれていたように思う。

子供のやったこと。それに終わらせてしまえば、何の理由も無いことと想像してしまう。

しかし、それが大人の仕業であったら…または子供でも。。。

医療人となった今、このようなことを簡単にスルーせずに少し考えてしまう。

バカと書きたかった感情、バカと直接に言えなかった背景、直接に言うまでもないバカと感じた感情…

バカの二文字に込められた感情を色々と想像してします。

どちらにしても、人は感情を吐き出す、表現する場所が必要なのでないだろうか。

東洋医学、中国医学の考えを持ってくれば、内に溜めたマイナスの感情は、自身を傷め、気血の消耗や内臓を痛めることに繋がる。また、感情の詰まりは、気や血の滞りを作り、コリや痛みの発生となる。

もうすぐ臨床に立たせてもらい、20年になる。

「人には場所が必要である」

そのことを患者様との時間から、はっきりと認識している。

あいのわは患者様にとってのそれでありたいと思っている。

 


2021

3月

14

学生のみんな、お疲れ様!!

2月27、28日に第29回あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家試験が実施されました。

まずは、講師を務めさせていただく、日本工学院八王子専門学校鍼灸科3年生のみんな、お疲れさまでした!

今年度はコロナの影響で、完全リモート、分散登校、対面と形を変えながらの授業を進めていかなくてはならなく、異例の年となり、疲れかたは異常だったと思います。

合格発表は、約2週間後。

多くの学生が合格し、4月から鍼灸師の仲間となれることを祈っております!


2021

3月

02

診療費改定のお知らせ

患者様へ

いつもあいのわ鍼灸治療院をご愛顧いただき、心より感謝とお礼をもうし上げます。

医療用品の価格上昇などの理由に伴い、4月1日より診療費を以下のように改定させていただきます。

患者様にはご負担をお掛けしたしますが、運営のためのやむを得ない改定となります。何卒、ご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

【診療費】
○鍼灸総合治療:5700円→6000円
○鍼灸局所治療:3400円→3600円
○マッサージ治療:1100円/10分→1200円/10分
○オプション美容鍼:1700円→2000円

あいのわ鍼灸治療院
院長 矢野 恭一郎


2021

2月

25

臨時休診、臨時診療のお知らせ(3月16日、20日、31日)

患者様へ

いつもあいのわ鍼灸治療院をご愛顧いただき、心より感謝とお礼を申し上げます。

下記の日程で臨時休診を頂戴し、臨時診療を設けさせていただきます。

【臨時休診】
〇3月16日(火):講師を務めさせていただく、日本工学院八王子専門学校鍼灸科卒業式へ出席予定の為
〇3月31日(水):当院都合により

【臨時診療】
〇3月20日(土・春分の日):土曜日に祝祭日が重なるため、通常診療させていただきます

臨時休診におきましては、患者様にご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。

あいのわ鍼灸治療院
院長 矢野 恭一郎


2021

2月

25

spring has come

立春を過ぎ、鎌倉の街にも早咲きの桜や梅が咲き始めている。
上着を脱ぎたくなるような気温の日もあり、春、到来!といったところでしょうか。

自然界は芽吹きの時季となり、同様に人間も始まりの時期。
好奇心や意欲が湧き、行動を起こしたいと思う時ですね。

それは悪いことではないのですが、一息。ちょっと待ってください。

春は乱れの時季でもあります。三寒四温、風が強く吹くとき。

東洋医学の考えでは「天人合一」自然界と人間は密接であるとしています。

より、自然が乱れるときは人も乱れのとき、不安定なときなのです。

陽気に誘われて、気が上がれば、イライラなど感情的になるし、身体の上部の症状、頭痛、眩暈、肩こり、血圧が高かったり低かったり、のぼせ冷えなどが出るとともに、下半身の気が手薄になるため、まさに「浮足立つ」ことから、足元を怪我しやすくなります。足元をすくわれるなんてこともあるかもしれません…!

(昨年から続いている疫病に対する気疲れがあると思いますので、上記症状は出やすくあると思います)

ようは「落ち着け」ということですね。

慢性病や治ったと思っていた症状がぶり返すこともあったりしやすい時季ですが、一喜一憂せず、深呼吸して、腰据えて、温かいものでも飲んで気持ち落ち着けましょ

東洋医学において春に良い食材や味は、菜の花、セロリ、春菊などの青物(緑の物)、酸味です。

また、精神面では、抑えつけず、締めつけず、心も体もノビノビと過ごすことが大切です。そして、少しくらいの何かが起こっても「春だからしょうがないかぁ」くらいに思っておくくらいがちょうど良いです。

春の時季に良いツボをご紹介しておきます。太衝です。
気血の巡りを善くする、気持ちを落ち着かせる、頭痛、眼の症状、花粉症による眼の痒みなどを抑える効果があります。指圧などしてゆっくり優しく刺激してみてください。

何事も始まりのとき、一歩進めるときはバランスを崩すことがつきものですが、大きな痛みを負わぬよう、落ち着いて進めていきましょう。