院長ブログ

2020

3月

27

新年度の準備

新年度の授業準備を進めています。

担当は変わらずに東洋医学、中国医学ですが、新年度は少し新しく担当させていただきます。

毎年、同じように考えるのですが「もっと、分かりやすく。もっと楽しく」を思案中です。

新年度はいよいよ2000年生まれの学生さんを担当します。

言語の違いを受け入れ、こちらも学びながら、変わらない「人であること」に繋げられればと思っております。

どんな出会いになるのだろうか。

楽しみです(*^_^*)

 

 


2020

3月

11

お気持ちが嬉しくて

先日に患者様からお土産を頂戴しました。

「先生のことを考えてこれにしました!」

今の状況を考えて、免疫力の維持の為に選んでくださったとのことでした。

そのお気持ちがとても嬉しくて。

ありがとうございます!!

そろそろ、今回のニュースでお疲れが出てきている頃と思います。

東洋医学、中国医学、鍼灸治療の立場から患者様の健康を応援させていただきます。


2020

3月

02

気を補って対策!

連日、新型コロナウィルスのニュースに緊張と不安を感じ、疲れが出てきている方は多いのでないでしょうか?
正直、怒りをぶつけたいところはありますが…それよりも「正しく冷静に怖がる」ことを意識し、東洋医学、中医学の醍醐味である予防を大切にしていきたいと思います。

免疫力を中医学の言葉にすると「気」となります。詳しくは衛気(えき)。
気を維持、充実させることが予防に繋がります。
その基礎基本は食事、睡眠、運動。手洗い、うがいに加え、充分な睡眠、ビタミンC・A・D、マグネシウム、亜鉛、オメガ3、たんぱく質などを意識的に摂取すること。

そして、ツボ療法を加えてさらに強化すると良いと思います。
合谷(ごうこく)、中脘(ちゅうかん)、気海(きかい)、足三里(あしさんり)がおススメです。中国からの報告ですと、1日15分程度指圧すると良いとあります。毎日のように指圧やお灸、蒸しタオルなどで温めるなどをしてみてください。

合谷

合谷:母指と人差し指の間

足三里

足三里:膝蓋骨下端の外のくぼみから指4本分下、すねの骨の際

中脘

中脘:みぞおちの骨下端とお臍を結んだ線の中間

気海

気海:お臍から約指2本分下


2020

2月

19

頑張れみんな!!

今度の土日(22、23日)に、第28回あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の国家試験が開催される。

学生たちは体調を整えることに気を付けながらも、最後の追い込み中にある。

毎年のことながら、今年も先日に近くの荏柄天神社様へ受け持つ学生さんたちの合格祈願へ行かせていただきました。

当日、皆にはそれぞれの思い描く未来の為に、今までの頑張りの成果をしっかりと発揮してもらいたいと思います。

教員としてはもう祈ることしか出来ませんから。

あ~ドキドキ(;^ω^)

頑張れ!!

日本工学院八王子専門学校鍼灸科3年のみんな!!

湘南医療福祉専門学校東洋療法科専科3年のみんな!!


2020

2月

14

全体を診ること

東洋医学的診断、治療が著効した例です。

先週の初診の患者様。主訴は頚(首)の痛み。

半年前運動時に痛め、以来、整体やカイロなどの治療に通っていたが一向に良くならずでいたためにご紹介でお越しいただいた。

結論から言うと、治療後に「感激です!」と笑顔いただいた。

今までに受けてきた治療、施術は局所であったとのこと。
しかし、この患者様、頭痛、浅い眠りに夢を良く見る、緊張しやすい、日常に追われている、口の乾き、高血圧、低気圧で体調が悪くなる、ほてりなどの症状を伴っていた。より、全身的な治療が必要と判断した。

中医学的には、肝心陰虚・血瘀と診た。

聞けば、家庭内の状況でずっと休みなく走ってきた。疲れを感じていたが休むこと出来なかった。
疲労はあれどお尻を叩いて日常を過ごしてきたとのこと。

疲労からの脳、神経興奮、自律神経のアンバランスが生まれてしまっている状態と感じ得た。

局所の緊張は強く、そこを緩めることに加え、手や足に必要なツボを取り、処方した。

治療後、頚の痛みは取れ、全身的にあった緊張が緩み、熱量が下がり、顔色が良くなっていた。

半年間の辛さが解消されたことに感激してくださり、他に感じている症状の改善に通いたいとお伝えいただいた。

今週は2度目の来院。入ってきていただいたときの笑顔がとても印象的でした。