春眠暁を覚えず…ならまだいいんだけど

2018

3月

09

少しずつ春めいてきました。春は暖かな季節。
ポカポカして、ウトウトしてきますよね。眠っていることが気持ちいい季節。
気持ち良く、スッキリと起きれていれば良いですね!

しかし、そうでない人もいると思います。
寒かった時季から暖かな時季へ移り変わろうとしている時。
自然の転換時期は人の身体も転換時期です。
転換時期は自律神経がアンバランスになりやすい時です。

より、実は睡眠の質が悪くなりやすくあります。寝入りが悪かったり、ハッキリとした夢を見るなどで熟睡が出来ていない為に、起きなくてはならない時間になっても、ダルく、まだ寝ていたい…「春眠暁を覚えず」になるパターンもあります。

加えて春の時期は、環境変化の時ですね。あれやこれやと気にすることが多くなる時。頭の中が忙しい、ストレスが多い時期です。
そのようなことも考えれば、なおのことあまり良いイメージでない方の春眠・・・ですね。

睡眠の内容を良くするために、まずは適度な運動をすることが良いです。
自律神経のバランスを整えること、気分の発散が出来ると思います。
前回のブログで紹介したツボ押しもおススメです!

また、精神的にこの時期は、腰を据え、落ち着くことが大切です。
一息入れることを気において、先を考えた落ち着いた行動をしてくださいね。